きょうの動意株

ニコンは3回目の業績上方修正をバネに急反発

7731 ニコン 株価チャート

 ニコン(7731)は、寄り付きから買い物を集め150円高の2910円と3日ぶりに急反発、逆行高している。前日5日に今3月期第3四半期(3Q)決算とともに、3月通期業績の3回目の上方修正を発表、割安株買いが再燃している。前日に同じ精密セグメントのオリンパス(7733)が、業績下方修正で急落したのにツレ安しただけに、好対照として一段とポジティブに評価されている。同社の今期業績は、昨年7月、11月と上方修正されてきたが、その11月修正値を再々増額した。売り上げは220億円、経常利益は60億円、純利益が40億円それぞれ引き上げられ、純利益は740億円(前期比35%増)と連続過去最高更新の更新幅を拡大する。3Q業績が、映像事業のデジタル一眼レフカメラや交換レンズが好調に続伸、コンパクトデジタルカメラも順調に推移したことから、前年同期比16%増収、37%経常増益、30%純益増益と伸び、計画を上回ったことを踏まえて再々増額した。株価は、昨年11月の業績再修正時に4210円の戻り高値まで800円幅の急騰を演じ、上方幅以上に2780円安値まで調整した。PERは15倍台、13週移動平均線から21%超のマイナスかい離と下げ過ぎ歴然となっており、リバウンド幅拡大が有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

ニコン (7731)

ページトップ