きょうの動意株

JQ上場のスーパーVは売り気配を切り下げる

3094 スーパーバリュー 株価チャート

 スーパーバリュー(3094・JQ)が、ジャスダック証券取引所に新規上場された。公開価格は2000円、公開株式数は42万株となっている。寄り付きから売り気配で始まりから40円安の1960円売り気配で、買い物はなく約10万株の売り物となっている。IPO(新規株式公開)市場は、2月1日の再開第1号のデジタルハーツ(3620・M)を除いて、2銘柄が連続して公開価格を割って初値をつけるなど低調に推移し、全般市況波乱の影響を免れず、本来のシコリのなさや内需関連業態も評価外となっており、同社の公開価格がPER7倍と割安で資金吸収額が8億円強の小規模にとどまることにも反応が薄く、市場の事前観測を下回る初値形成展開となっている。同社は、埼玉県を地盤に1都2県で食品スーパーとホームセンターを併設した複合型の小売チェーン店「SuperValue」を合計8店舗展開している。もともと家具販売からスタートしてホームセンター、食品スーパーと業態を複合化、現在は売り上げの3分の2を食品スーパーが占める。今2月期業績は、売り上げ357億6700万円(前期比2%増)、経常利益8億8200万円(同21%増)、純利益5億1700万円(同42%増)、1株利益285.5円を予想している。

記事中の会社を詳しく見る

スーパーV (3094)

ページトップ