きょうの動意株

エアーテックは今期増益転換を予想し下げ過ぎ訂正で急続伸

6291 日本エアーテック 株価チャート

 日本エアーテック(6291)は、40円高の6155円と急続伸し、1月16日につけた昨年来安値520円から出直る動きを強めている。前日18日に12月期決算を発表、前期は昨年10月の下方修正値を下回り大幅減益で着地したが、今期は増収増益転換を予想したことから下げ過ぎ・割安訂正期待の買い物が先行している。同社の前期業績は、前々期比0.2%増収、34%経常減益、27%純益減益と落ち込んだ。液晶・電子部品関連の設備投資は堅調に推移し、同社のクリーンブースなどの販売増などは続いたが、製薬会社向けの大型クリーン化設備で価格競争や度重なる仕様変更負担、主原材料のステンレス鋼板の価格高騰などにより赤字が発生、減益率を悪化させた。今期は、売り上げ97億円(前期比1%増)、経常利益8億700万円(同32%増)、純利益4億8000万円(同17%増)と予想した。内外の半導体・液晶メーカーや製薬会社の設備投資が高水準に推移し、原材料価格の高止まりには内製化などを進め原価を低減することが業績を押し上げる。株価は、昨年10月の業績減額から2段下げとなり1月の昨年来安値まで350円幅の調整となった。13週移動平均線から14%超のマイナスかい離、PER11倍台、PBRは0.6倍と下げ過ぎであり、一段の戻りを試そう。

記事中の会社を詳しく見る

日エアテク (6291)

ページトップ