きょうの動意株

Mimakiは3Q好決算を見直し割安訂正期待で急反発

6638 ミマキエンジニアリング 株価チャート

 ミマキエンジニアリング(Mimaki、6638・JQ)は、1万9000円高の62万7000円と急反発している。2月13日に発表した今3月期第3四半期(3Q)の好決算を見直し割安株買いが再燃しているもので、3Q業績は、大幅増収増益と伸び昨年11月に再上方修正された今期通期予想業績に対して順調に進捗した。同社の3Q業績は、前年同期比28%増収、62%経常増益、96%純益増益と高変化、昨年7月、11月と相次ぎ上方修正された今期通期業績対比で利益進捗率が68%-76%となり順調に推移した。SG市場向けの新機種やIP市場、TA市場向けの新製品やインクなどの消耗品も順調に推移し、為替レートが想定より円安となったことが好決算要因となった。今3月通期業績は、11月の再増額値を変えず、純利益は12億6000万円(前期比63%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。株価は、2月5日払い込みで実施した公募価格(発行価額67万6800円)、株式売り出し嫌い58万8000円安値まで12万円幅の急落となり60万円台固めを続けていた。PER11倍台の割安修正で13週移動平均線から29%超のマイナスかい離となっている下げ過ぎ訂正に再発進しよう。

記事中の会社を詳しく見る

ミマキE (6638)

ページトップ