きょうの動意株

国際帝石はWTI価格の最高値更新に反応し急続伸

1605 国際石油開発帝石 株価チャート

 国際石油開発帝石ホールディングス(1605)は、6万円高の117万円と急続伸している。前日19日の米国市場で、原油先物(WTI)価格が、大幅に4営業日続伸し4.51ドル高の1バーレル=100.01ドルと初めて100ドル台に乗せ、過去最高値を更新したことを手掛かりに関連株買いを誘っている。最高値更新は、米テキサス州の石油精製施設の火災発生、ナイジェリアの政情不安、ベネズエラの米国への石油輸出停止懸念、3月の石油輸出国機構(OPEC)総会での減産示唆などの供給不安、原油需給のひっ迫観測を背景としており、同社株のほか鉱業株、石油株が幅広く買われており、寄り付きの業種別騰落率ランキングでも両業種が値上がり率第1位、第3位にランクインしている。国際帝石は、今3月期第3四半期決算発表時の今年2月8日に今期通期業績の3回目の上方修正をしたばかりである。下期平均の原油価格(ブレント)を前回の1バーレル=60ドルから86.87ドルに見直し、純利益を260億円引き上げて1530億円(前期比7%減)と減益率を縮小した。北半球が原油の不需要期入りするなかでの原油価格の最高値更新であり、石油の上流部門を担う日本で数少ない産油会社である同社業績へのさらなる押し上げ効果が期待され、全員参加型の相場展開も有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

国際帝石 (1605)

ページトップ