きょうの動意株

小池工は3Q大幅増益・高進捗業績を見直し小幅続伸

6137 小池酸素工業 株価チャート

 小池酸素工業(6137・東2)は、2円高の596円と小幅続伸している。2月12日に今3月期第3四半期(3Q)決算を発表、大幅増収増益で着地し、昨年11月に再上方修正された今期通期予想業績に対して高進捗したが、材料出尽くし感から600円台を出没したが、割安修正期待の下値打診買いが続いている。同社の3Q業績は、前年同期比19%増収、55%経常増益、52%純益増益と伸び、利益は昨年11月の通期再増額値対比で79-87%の高進捗率となった。機械装置部門では、溶断機が世界的な造船ブームを反映して国内、中国、韓国などで新規顧客を獲得、ガス部門でも自動車、建設機械、造船向けに切断機と一体販売、さらに中大型切断機の海外移転などの経営革新を進めたことが寄与した。3月通期業績は11月の再増額値を据え置き、純利益は23億円(前期比40%増)と大幅増益を予想している。株価は、昨年8月、11月と業績増額のたびごとに動意付き、10月には1119円高値まで買い上げられ、造船関連株人気の剥落とともに今年1月の481円安値まで半値以下の調整となった。日柄・値幅調整とも十分でPER11倍台の割安再修正のタイミング待ちとなっている。

記事中の会社を詳しく見る

小池酸 (6137)

ページトップ