きょうの動意株

三井海洋は3連騰、業績伸び悩みも海洋石油開発好環境

6269 三井海洋開発 株価チャート

 三井海洋開発(6269)は、15円高の2815円と3日続伸している。前日21日に油田権益の減損損失精査のために1日延ばしていた2007年12月決算を発表、20日の再上方修正通りに大幅増収増益・連続過去最高純益更新で着地、今期業績はやや伸び悩みを予想したが、原油先物(WTI)価格が、1バーレル=100ドル台乗せの最高値をつけたことから、同社の浮体式海洋石油・ガス生産設備に好環境が続くとしたことが引き続き買い物を集めている。同社の前期業績は、前々期比45%増収、67%経常増益、36%純益増益と大きく伸びた。メキシコ、ベトナム、インドネシア、オーストラリアなどの海洋油田向けに浮体式海洋石油・ガス生産設備の建造やチャータープロジェクト、オペレーションサービスプロジェクトを受注、提供したことが寄与した。昨年12月に12月期純利益を下方修正する要因となったインドネシアの油田権益の償却損失も20億6400万円で確定、21日の再増額通り減額幅を上回る増益となった。今期業績は、前期比2%減収、17%経常減益、2%純益増益の伸び悩みを予想しているが、配当は17.5円(前期実績15円)と連続増配する。業績環境としては、原油価格高騰により石油開発会社の海洋探鉱・開発が深海域にシフトし良好展開するとしている。株不足で逆日歩もつく信用好需給もサポートし上値追いに拍車がかかろう。

記事中の会社を詳しく見る

三井海洋開 (6269)

ページトップ