きょうの動意株

キーウェアは3連騰、東証2部上場承認2銘柄は1勝1敗

3799 キーウェアソリューションズ 株価チャート

 キーウェアソリューションズ(3799・JQ)は、10円高の570円と変わらずを含め3営業日続伸し、1月17日につけた上場来安値に迫る512円安値から出直る動きを強めている。前日25日に東京証券取引所から3月3日付けで東証2部上場を承認され、上場に際して新株式発行を伴わないことから、好調に推移している今3月期業績を見直し割安株買いが増勢となっている。前日は同様にエノテカ(3049・HC)も、3月17日付けで東証2部上場を承認されたが、上場とともに2500株の公募増資、375株の株式売り出しも実施することから、希薄化・需給悪化懸念が強まり8000円安の27万5000円と反落、上場承認銘柄は1勝1敗となっている。キーウェアは、ネットワーク監視や金融・自治体向けのソフトウエア開発が順調に推移し9月中間期業績を上方修正、第3四半期は純益赤字着地となったものの、3月通期業績は増収経常増益を見込んでいる。純利益は、退職慰労引当金負担で4億8000万円(前期比12%減)となるが、それでも株価はPER10倍台と割安となる。東証2部上場に向けリバウンド幅を拡大しよう。

記事中の会社を詳しく見る

キウェアS (3799)

ページトップ