きょうの動意株

丸井Gは純益増額と自己株式取得・消却の合わせ技で急反発

8252 丸井グループ 株価チャート

 丸井グループ(8252)は、98円高の1092円とストップ高寸前まで急反発している。前日26日に今3月期純利益の上方修正と自己株式の取得・消却を同時に発表、下値での割り負け訂正期待の買い物が再燃している。今期純利益の上方修正は、連結子会社の丸井が東京都大田区に保有、2006年6月に閉鎖した商品センター跡地約1437.68平方メートル(簿価1億4100万円)をトーセイ(8923・東2)に37億1000万円で売却、特別利益約34億円を計上することが要因となっており、純利益は昨年11月に下方修正された65億円を85億円(前期比2.0倍)に引き上げ増益転換幅を拡大する。自己株式取得は、1000万株(発行済み株式総数の3.5%)、110億円を上限に2月27日から3月21日までの間に市場買い付けをする。自己株式消却は、1000万株を3月21日に実施する。株価は、昨年10月の中間期業績、同11月の通期業績の各下方修正が響き、今年1月に昨年来安値863円まで調整した。底固め継続となっているが、PBRは0.8倍、配当利回りは2.5%と下げ過ぎ示唆となっており、リバウンド効果を強めよう。

記事中の会社を詳しく見る

丸井G (8252)

ページトップ