きょうの動意株

福田組は純利益の早期・大幅増額がサプライズとなり3連騰

1899 福田組 株価チャート

 福田組(1899)は、35円高の306円と3日続伸し、2月15日につけた昨年来安値262円から急出直りとなっている。12月決算を発表したわずか5営業日後の前日28日に、早くも今6月中間期・12月通期業績の上方修正を発表、純利益が大きくかさ上げされたことがサプライズとなり買い物を呼び込んでいる。上方修正のうち通期業績は、売り上げが期初予想据え置きとされたが、経常利益は1億円上ぶれ、純利益は54億円上方修正され56億円(前期は2億8000万円の赤字)と黒字転換幅を急拡大する。今期中間期に産業廃棄物処分業を展開する連結子会社ジークライト(山形県米沢市)の株式を売却、連結決算で約55億円の特別利益が発生することから大幅修正した。株価は、昨年7月に新潟県沖地震に伴う復興特需期待で630円高値まで急伸し反動安が続いていた。とくに2月14日に特別損失計上から前期業績を下方修正、純利益が赤字転落したことが響き263円安値まで突っ込んだ。今期純益増額でPERは2倍台と超割安となるだけに、昨年7月の急伸再現思惑が高まろう。

記事中の会社を詳しく見る

福田組 (1899)

ページトップ