きょうの動意株

トヨタ紡織は業績再上方修正もNYダウ大幅続落、円高響き急反落

3116 トヨタ紡織 株価チャート

 トヨタ紡織(3116)は、100円安の3550円と変わらずを含め4営業日ぶりに急反落している。前週末29に昨年9月に続き今3月期業績の2回目の上方修正を発表したが、同じく前週末の米NYダウが今年2番目の大幅続落となり、為替相場も1ドル=103円台まで円高が進んだことから、利益確定売りが先行している。同社の今期業績は、売り上げが昨年9月増額値より200億円、経常利益が80億円、純利益が60億円それぞれ引き上げられ、純利益は400億円(前期比32%増)と増益率を伸ばし前期の過去最高を大幅に更新する。シート、トリムなどの内装品や、フィルター・パワートレイン部品の主要顧客向け販売が好調に推移しており、グループあげての合理化も順調に進んでいることが再上方修正につながった。株価は、昨年9月の上方修正をきっかけに12月の上場来高値3920円まで急伸し、全般相場急落に巻き込まれた今年1月安値2530円からは今期第3四半期の大幅増益・高進捗率業績をテコに3700円までリバウンドしている。PER的には割安感はないが、信用取組は株不足が続いており、売り買い交錯んおなら再騰を窺うことになろう。

記事中の会社を詳しく見る

トヨタ紡 (3116)

ページトップ