きょうの動意株

白洋舎は今期増益転換を手掛かりに低位株思惑再燃し反発

9731 白洋舍 株価チャート

 白洋舎(9731)は、10円高の288円と反発している。前週末29日に12月期決算を発表、前期は2月26日公表の再下方修正通りに大幅減益となったが、今期は2ケタ増益転換を予想したことから、低位値ごろ思惑株買いを刺激している。同社の前期業績は、前々期比1%増収、44%経常減益、97%純益減益と大きく落ち込んだ。クルーニング業で、ドライクリーニング溶剤や資材費の高騰を受け10年ぶりに都市圏の料金を改定し、新規店舗の開設、不採算店の閉鎖、さらに夜10時までの夜間集配サービスなども展開したが、少子高齢化や衣類のカジュアル化による業界縮小が続いており、子会社の繰延税金資産の取り崩しも加わり大幅減益となった。今期は、価格改定の影響で売り上げは0.2%減収を予想しているが、経常利益は10億円(前期比12%増)、純利益は3億円(前期は1700万円の黒字)と大幅挽回を見込んでいる。株価は、昨年8月の第1回目の業績減額で300円台を割り、今回2月の再減額では昨年来安値249円水準でむしろ打たれ強さを窺わせた。下げ過ぎ訂正が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

白洋舎 (9731)

ページトップ