きょうの動意株

カナモトは1Qの大幅減益・低進捗率業績を嫌い続落

9678 カナモト 株価チャート

 カナモト(9678)は、25円安の620円と続落している。前週末7日に今10月期第1四半期(1Q)決算を発表、減収大幅減益で4月中間期予想業績に対して低進捗率着地となっており、業績動向に敏感となっている市場筋の売りが先行している。同社の1Q業績は、前年同期比2%減収、53%経常減益、69%純益減益と落ち込み、中間期予想業績対比で利益は29-27%の低進捗率にとどまった。遅れていた羽田空港拡張工事などの大型プロジェトが進行して関東信越地区がプラスとなったが、前期好調だった北海道や東北が反動減となり、北海道で展開している鉄鋼関連事業も改正建築基準法による工事遅延が影響して2ケタ減収、営業損失となったことなどが響いた。中間期・通期業績は期初予想を据え置き、通期純利益は23億円(前期比24%減)を見込んでいる。株価は、前期の過去最高純利益から今期2ケタ減益を予想したことを嫌い、1月の昨年来安値555円まで300円安し半値戻し水準まで出直っていた。ただPERは8倍台、PBRは0.5倍、配当利回りは3.1%と下げ過ぎ示唆となっており、下値では再度の強弱感の対立も見込まれる。

記事中の会社を詳しく見る

カナモト (9678)

ページトップ