きょうの動意株

ヤマックスは急反発、業績増額に復配オンし極低位株人気再燃

5285 ヤマックス 株価チャート

 ヤマックス(5285・JQ)は、2日ぶりに商いが成立し17日終値に対して25円高の112円と急反発している。前日18日に今度は2008年3月期業績の上方修正と期末の復配を発表、極低位株思惑を刺激している。同社の今期業績は、昨年11月に期初予想を下方修正したが、それを今度は上方修正した。売り上げは11月予想値より2億2000万円引き下げたが、経常利益は1億円、純利益も8800万円各アップさせ、純利益は2億9000万円(前期比8%減)と減益率を縮小する。経営環境は、公共投資が縮減する厳しさに変わりはないが、建築用セメント製品事業が、マンション建設や都市再開発事業向けに伸び、土木用セメント製品事業も、大型コンクリート構造物のプレキャスト製品化を進め、民間工事へも積極的にアプローチ、生産効率向上も加わり上方修正につながった。期末配当は、1.5円として復配する。株価は、業績低迷とともに底ばい継続となっていたが、1月の昨年来安値66円から今期第3四半期業績の高変化・高進捗率着地に反応して124円までほぼ短期倍化した。PER4倍台の超割安修正からも再現思惑を高めよう。

記事中の会社を詳しく見る

ヤマックス (5285)

ページトップ