きょうの動意株

ACCESSは前期上ぶれ・今期続伸業績をテコに続急伸

4813 ACCESS 株価チャート

 ACCESS(4813・M)は、2万円高の33万7000円と前日のストップ高に次ぐ続急伸となっている。前日25日に発表した2008年1月期決算が、期中の下方修正値を上ぶれて赤字を縮小して着地し、今期も続伸、黒字転換を予想したことがネット関連株人気を増幅している。同時発表の減資、繰越損失の一掃も株価押し上げ効果を発揮している。同社の前期業績は、昨年9月の中間期決算発表時に下方修正されたが、実績はこの減額値を売り上げが3億8400万円下回ったが、経常利益は7億1700万円、純利益は8億9800万円それぞれ上回り、純利益は157億5800万円の赤字(前々期は409億4800万円の赤字)と赤字幅を縮小して着地した。携帯電話を中心としたロイヤルティー収入の増加によるセールスミックスの改善と受託開発の管理徹底による外注費削減などの製品粗利率の改善、さらに販管費削減などが重なり業績を押し上げた。今1月期は、「 ACCESS Linux Platform」の受託開発、ブラウザなどの既存受託開発の開発効率改善をさらに進めるとともにロイヤリティー収入も拡大、中間期はなお赤字が残るが、通期では売り上げは314億2600万円(前期比3%増)と続伸、経常利益は11億円、純利益も7億500万円と黒字転換を予想している。株価は、昨年9月の上場来安値23万2000円から国内証券の投資判断期引き上げなどで急反発、底値固めが続いていた。再度の底離れに拍車がかかろう。

記事中の会社を詳しく見る

ACCES (4813)

ページトップ