きょうの動意株

ダイセキは業績再上方修正が環境関連人気を増幅し急続伸

9793 ダイセキ 株価チャート

 ダイセキ(9793)は、190円高の3190円と急続伸している。前日31日に昨年10月に続き2008年2月期業績の2回目の上方修正を発表、環境関連人気が増幅している。同社の2月期業績は、中間期決算発表時の昨年10月に上方修正されたが、その増額値をさらに引き上げた。売り上げを12億6000万円、経常利益を8億9100万円、純利益を11億3800万円各アップさせたもので、純利益は49億7400万円(前期比54%増)と前期の過去最高を大幅に更新する。産業廃棄物の中間処理事業で、関東、関西、中部の各地区で積極的な設備投資と営業活動を続け順調に業容が拡大、製造するリサイクル燃料の需要が高まり、出荷数量の増加と単価上昇が相乗、さらに連結子会社のダイセキ環境ソリューションの土壌汚染の調査・分析・処理事業の受注増加や連結化した田村産業の業績大幅伸長も上乗せとなった。またダイセキ環境が、今年2月に実施した新株式発行でも純資産増加により持分変動益8億4600万円が発生し業績を押し上げた。株価は、昨年10月の業績増額で上場来高値3930円まで買い進まれたものの全般相場の波乱に巻き込まれ2700円まで調整、1対1.1の株式分割の権利取りから3000円台まで持ち直した。昨年10月の株価急伸の再現期待が高まろう。

記事中の会社を詳しく見る

ダイセキ (9793)

ページトップ