きょうの動意株

Jオイルは業績再下方修正が響き6日ぶり反落

2613 J-オイルミルズ 株価チャート

 J-オイルミルズ(2613)は、21円安の290円と6営業日ぶりに急反落している。ただ安値後は、下げ渋っている。同社株は、4月からの2カ月連続の食用油価格の値上げと原料の大豆価格高騰の一服を材料に3月14日につけた昨年来安値230円から底上げしてきたが、前日3日に肝心の2008年3月期業績の昨年11月に続く再下方修正を発表、利益確定売りが先行している。同社の3月期業績は、中間期決算発表時の昨年11月に小幅下ぶれ修正されたが、今回は大きく再減額した。売り上げは40億円増額するが、経常利益は26億円、純利益は17億円と再減額、純利益は25億円(前期比44%減)と減益率を悪化させる。大豆、菜種の国際相場が、2008年に入って騰勢を強め、3月初めにはシカゴ大豆が1ブッシェル=16ドル、ウィニペグ菜種が1トン=800カナダドルとなり、海上運賃も高値圏で推移、第2四半期以降、原料コスト上昇を吸収できず、さらに期末にかけて大豆・菜種相場が一時的に急落、円高修正も進んだことから、原料在庫に低価法に基づき10億超円の評価損失が発生することも響いた。株価は、安値から80円幅のリバウンドとなっていたが、再度の下値模索が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

J-オイル (2613)

ページトップ