きょうの動意株

久光薬は連続最高純益更新も利益確定売り先行し続落

4530 久光製薬 株価チャート

 久光製薬(4530)は、100円安の3700円と続落し、前日ザラ場に顔合わせした昨年来高値3870円を前に高値もみ合いを続けている。前日8日に2月期決算を発表、前期は期中の上方修正値を上回り2ケタ増益と伸び、今期も連続最高純利益を予想したが、利益確定売りが先行している。同社の前期業績は、前々期比8%増収、11%経常増益、17%純益増益となった。医療用医薬品事業で「モーラステープ」、「モーラステープL」のシェアが拡大、一般用医薬品でも重点商品の「サロンパス」や「フェイタス」、水虫薬などの新製品を発売、新需要層を開拓したことなどが寄与した。今期は、薬価改定が見込まれるが、国内外での学術情報活動を強化するとともに一般医薬品の既存商品の改良、新製品開発を進め続伸を見込んでいる。純利益は、194億円(前期比3%増)と連続過去最高更新となっている。株価は、昨年10月の前期業績の上ぶれ修正で底値発進し、今年2月の局所性外用鎮痛貼付剤の米新薬申請承認申請で全般波乱相場に逆行高した。高値では信用の売り残も積み上がっており、高値抜けから2006年の上場来高値3910円へのキャッチアップも想定範囲内になってくる。

記事中の会社を詳しく見る

久光薬 (4530)

ページトップ