きょうの動意株

北陸電は業績再々上方修正を追撃材料に続伸

9505 北陸電力 株価チャート

 北陸電力(9505)は、45円高の2545円と続伸している。前日9日に2008年3月期業績の3回目の上方修正を発表、3月27日の志賀原子力発電所2号機の再起動に続く追撃材料として内需関連のディフェンシブ株人気を高めている。同社の3月期業績は、昨年10月、今年1月と小幅ながら上方修正されて減益率を縮小してきたが、その1月増額値をさらに引き上げた。売り上げは70億円、経常利益は60億円、純利益は50億円各アップさせたもので、純利益は70億円(前期比59%減)と減益幅を縮める。これまでの上方修正要因と同じく第4四半期の販売電力量が、前回計画値の前々期比3%増の289億キロワットアワーから4%増の293億キロワットアワーに増加、原油CIF価格が1バーレル=77ドル程度から78ドル程度へ上昇するが、為替レートも1ドル=116円程度から114円程度に円高となることが再々増額につながった。株価は、これまでの業績増額のたびごとに、10月には2770円、1月には2660円の各高値をつけ下値を切り上げてきた。全般相場の先行きが不透明化する環境下で「質への逃避」関連銘柄として再評価される展開が有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

北陸電 (9505)

ページトップ