きょうの動意株

ニッカトーは決算発表先取り値ごろ割安株買い強まり続伸

5367 ニッカトー 株価チャート

 ニッカトー(5367)は、8円高の538円と4日続伸している。3月12日の1部指定替え承認からようやく500円台を回復し中段もみを続けていたが、5月7日予定の3月期決算を先取り値ごろ妙味の割安株買いが増勢となっているもので、2009年3月期も続伸し過去最高純益を更新するとの強気観測が支援材料となっている。同社の2008年3月期業績は、昨年11月に期初予想がやや下ぶれ修正されたが、純利益は8億1000万円(前期比7%増)と過去最高を更新したもようだ。主力のセラミックス部門がわずかに伸び悩んだのをエンジニアリング部門の好調持続がカバー、セラミックス部門の生産設備増強に伴う減価償却費増、人件費増などを吸収し好決算につながる。続く2009年3月期業績も、続伸観測されている。セラミックス部門の耐熱セラミックスが回復、耐磨耗セラミックスも堅調に推移するためで、会社四季報春号では、純利益は9億円(前期実績推定比11%増)と連続して過去最高を更新すると観測されている。株価は、PER8倍台、PBR0.8倍と割安であり、東証株価指数への算入開始とともにリバウンド幅拡大が有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

ニッカトー (5367)

ページトップ