きょうの動意株

サーボは5連騰、業績再上方修正で最高純益を大幅更新

 日本サーボ(6585・東2)は、寄り付きから買い気配をアップさせ77円高の999円まで買い進まれ5営業日続伸となっている。前日14日に2008年3月期業績の今年2月に続く2回目の上方修正を発表、黒字転換幅・24年ぶり過去最高純益更新の更新幅をそれぞれ拡大することが、前回増額時の株価急伸を連想させ買い増勢となっている。同社の3月期業績は、中間期業績を2回上方修正したあと、通期業績も今年2月に増額したが、その増額値をさらに引き上げた。売り上げを10億円、経常利益を4億1000万円、純利益を4億円各アップさせたもので、純利益は16億円(前期は14億5100万円の赤字)と黒字転換幅を拡大、1984年3月期の過去最高純利益を大幅に更新する。2007年4月の日本電産の株式公開買い付け(TOB、買い付け価格260円)によるグループ入り以来の事業リストラに加え、OA分野で使用される精密ステッピングモーターや情報通信分野で使用される高信頼性ファンモーターが堅調に推移、製造拠点の海外事業所を中心に原価改善が着実に進んだことが再上方修正につながった。株価は、日電産のTOBから下値を切り上げ、2月に前回の業績増額と期末配当の復配が重なり昨年来高値1127円まで急伸した。投資採算は割高となるが、リストラ人気で高値奪回に弾みをつけよう。

ページトップ