きょうの動意株

SMKは今度は業績減額で減益転換して安値更新

6798 SMK 株価チャート

 SMK(6798)は、98円安の430円とストップ安寸前まで続急落し、3月17日につけた昨年来安値485円を大きく下抜いている。前日14日に2008年3月期業績の下方修正を発表、昨年10月の上方修正と180度反転し、連続過去最高純益更新予想が減益にマイナス転換することが響き売り物を浴びている。同社の3月期業績は、中間期決算公表時の昨年10月に上方修正されたが、その増額値を今度は下方修正した。売り上げはさらに2億円引き上げたが、経常利益は29億円、純利益は25億円各引き下げ、純利益は21億円(前期比43%減)に大幅減益転換する。第4四半期の急激な円高により海外生産販売事業所の収益が悪化するほか、主力工場での原材料費や労務費の負担増による生産コストの増加、大口得意先に対する売価ダウン、さらに1ドル=100円台に急騰した為替相場による為替差損の発生などが業績の足を引っ張る。株価は、前回の業績増額で昨年来高値1016円をつけ、今年3月の昨年来安値からは50万株(発行済み株式総数の0.66%)、3億円を上限とする自己株式取得で戻りを試した。1株純資産近辺での底値模索が長引きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

SMK (6798)

ページトップ