きょうの動意株

鹿島は業績再上方修正が下げ過ぎ訂正期待を高め急続伸

1812 鹿島 株価チャート

 鹿島(1812)は、20円高の312円と急続伸している。前日15日に2008年3月期の通期業績として3回目の業績修正を発表、前回3月に続いて2回目の上方修正となり、減益予想が増益転換したことから下げ過ぎ訂正期待を高め内需株買いが増勢となっている。同社の3月通期業績は、中間期決算発表時の昨年11月に下方修正されたが、今年2月に今度は売り上げと純利益を上方修正、その増額値を今回さらに上方修正した。売り上げを200億円、経常利益を25億円、純利益を60億円それぞれ引き上げ、純利益は420億円(前期比1%増)と増益転換する。単独業績で建設事業と開発事業などの総利益が増加し、急激な円高による為替差損の増加や、連結子会社のたな卸資産評価損をカバー、持分法適用会社の業績向上や法人税などの減少により純利益は増益転換する。株価は、業績下方修正や再三の談合事件による営業停止処分などが響き今年3月に昨年来安値258円まで長期・大幅調整が続いた。業績再増額でPERは7倍台と超割安となり、一段の底離れに拍車がかかろう。

記事中の会社を詳しく見る

鹿島 (1812)

ページトップ