きょうの動意株

Jパワーは4連騰、TCIが増配・持ち合い株売却提案

9513 J-POWER 株価チャート

 Jパワー(電源開発、9513)は、20円高の3630円と4日続伸している。前日17日に英投資ファンドのザ・チルドレンズ・インベトトメント・ファンド(TCI)が、同社に2種類の増配要求や持ち合い株の売却などを骨子とする5つの株主提案を同社に提出したと発表、6月末の同社株主総会に向けて両社の攻防が一段とエスカレート、株価思惑が高まるとして買い先行してい。TCIは、Jパワー株を9.9%を保有、20%まで追加取得することを経済産業省、財務省両省に申請していたが、16日に関税・外国為替等審議会が、「公の秩序の維持が妨げられるおそれがある」との意見をまとめ、政府は買い増しの中止・変更勧告を行った。これを受けてTCIは、保有株の継続保有を表明するとともに、株主提案を提出した。増配案は1株当たり120円と80円を提示して株主に選択権を与え、持ち合い株の売却は、昨年3月末で約680億円となっている総額を50億円に制限し、持ち合い株総額とほぼ同額の700億円の自己株式取得枠の設定を提案している。TCIは、株主提案を会社側の提案として総会に諮ることを求めており、拒否した場合は、中垣喜彦社長の再任に反対票を投じることも表明している。株価は、膠着状態に陥った両社の攻防を反映し昨年来安値の3500円水準でも底もみが続いており、上放れるかなお下放れるか、大きなフシ目に差しかかることになる。

記事中の会社を詳しく見る

Jパワー (9513)

ページトップ