きょうの動意株

栄光は今度は通期業績の上方修正を手掛かりに急伸

 栄光(9789・東2)は、10円高の400円と急伸している。前日1日に昨年11月の中間期業績の上方修正に続き、今度は2008年3月通期業績の上方修正を発表、割安株買いが再燃している。同社の3月期業績は、売り上げを期初予想より8億1600万円引き下げたが、経常利益は逆に3億7100万円、純利益も4億100万円各引き上げ、純利益は9億5100万円(前期比3.1倍)と増益率を伸ばす。売り上げは飲食部門、印刷部門が伸び悩み下方修正となったが、利益面では教育事業、教育ソリューション事業のコスト削減と連結子会社の清算を含むグループ再編に伴う繰延税金資産の計上が重なり大幅上方修正につながった。株価は、昨年11月の中間期業績の上方修正に今年1月発表の第3四半期決算の大幅増益・高進捗率業績が続き、400円台出没場面からの上放れを試していた。品薄・値付き難がネックとなるが、PERは7倍台、PBRも0.7倍と割り負けており、5月15日発表予定の3月期決算での来期業績予想への期待を高めなおリバウンド幅を拡大しよう。

ページトップ