きょうの動意株

ヒロセ電は連続純益減益予想で市場予想下回り急反落

6806 ヒロセ電機 株価チャート

 ヒロセ電機(6806)は、410円安の1万2240円と急反落している。前日13日に3月期決算を発表、前期、今期と小幅ながら連続の純益減益を予想、市場コンセンサス平均を下回ることから利益確定売りが先行している。同社の前期業績は、前々期比2%増収、5%経常減益、6%純益減益と伸び悩み、前々期の過去最高純益から落ち込んだ。同軸コネクタは2ケタの伸びとなったものの、多極コネクタが、米国経済減速などに伴う高機能携帯電話、デジタル情報家電の需要減退で小幅減収となり、価格競争の激化、金属材料価格の高騰、第4四半期の急激な円高進行なども重なり下ぶれ着地した。今期も、経営環境はさらに厳しくなるとして増収減益を予想している。純利益は220億円(前期比2%減)としており、市場コンセンサス平均233億円にやや未達となる。株価は、円高進行とともにつけた今年2月の昨年来安値9060円から自己株式取得を買い手掛かりに4000円幅のリバウンドをしたところである。再度の下値確認が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

ヒロセ電 (6806)

ページトップ