きょうの動意株

高圧ガスは連続最高純益更新も全般の軟調地合にツレ安

4097 高圧ガス工業 株価チャート

 高圧ガス工業(4097)は、5円安の596円と7営業日ぶりに小反落と全般軟調地合にツレ安となっている。前日21日に3月期決算を発表、前期、今期と連続して過去最高純利益を更新する見込み。同社の前期業績は、利益は期初予想をやや下ぶれたが、前々期比8%増収、0.6%経常減益、0.5%純益増益となり、純利益は前々期の過去最高を小幅ながら更新した。改正建築基準法によりガス事業の溶解アセチレンや化成品事業の塗料が、建築、橋梁向けに伸び悩んだが、酸素、窒素、アルゴンなどが鉄鋼、機械、造船、自動車向けなどに伸びて増収増益を確保した。期末配当は、創立40周年の記念配当4円を上乗せし18円(前々期実績14円)に増配する。今期も増収増益を予想、純利益は28億5000万円(前期比6%増)と前期に続き過去最高となる。株価は、業績が高位安定、上方修正も下方修正もない地味な推移が逆に災いし500円台での底ばいが長引いた。PER11倍台、配当利回り2.3%の割り負け訂正が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

高圧ガス (4097)

ページトップ