きょうの動意株

エフ・シー・シーは純益大幅増益転換と信用好需給が相乗し3連騰

7296 エフ・シー・シー 株価チャート

 エフ・シー・シー(7296)は、57円高の1565円と3日続伸し、今年3月につけた上場来安値1125円からのリバウンド幅を拡大している。円高懸念の後退から今期純利益が前期比68%増益とV字回復することを見直して割安訂正買いが続いているもので、信用取組が株不足で逆日歩のつく好需給も押し上げ効果を発揮している。同社の株価は、前期純利益が、移転価格税制の更正通知を受け過年度法人税33億8900万円の追徴課税をされたことで、前々期の過去最高から大幅減益ペースが続いたことから一貫して下降トレンドで推移してきた。実績は、二輪・四輪車用クラッチが、海外で順調に伸び前々期比4%増収となったものの、為替差損の影響で利益は、0.9%経常減益、42%純益減益となった。今期も、南米・アジア地域の日系完成車メーカーの二輪車生産は堅調に推移するとして前期比1%増収と続伸を見込んだが、利益は為替レートを前期の1ドル=114.29円に対して100円と想定する為替の影響と減価償却費・管理費負担増から8%減益とした。ただ純利益は、前期の税金費用の一巡から82億円(前期比68%増)とV字回復する。株価は、下降トレンド中に信用売りが積み上がり好需給となっている。売り方の買い戻しが、PER10倍台の下げ過ぎ訂正を強力支援しよう。

記事中の会社を詳しく見る

FCC (7296)

ページトップ