きょうの動意株

オオバは自己株式立会外買付も反応限定的で小動き

9765 オオバ 株価チャート

 オオバ(9765・東2)は、1円高の124円と小反発している。前日4日に自己株式93万6000株をこの日寄り付き前の8時45分に立会外買付取引(ToSTNeTー3)により124円で取得すると発表したが、極低位値ごろ株思惑は不発で反応は限定的となっている。同社は、5月21日に2008年5月期期末配当を2円から5円に増配したほか、今年3月には100万株(発行済み株式総数の5.64%)、2億円を上限に自己株式の取得、さらに1月には400万株(同17.59%)の自己株式の消却を発表しており、一連の株主還元策に反応して底値で動意を示していた。業績についても、今年1月に5月期業績を上方修正、増配発表の5月にはその1月増額値を連結業績は下方修正、単独業績は上方修正した。生産性の改善と業務原価の削減に伴う利益率の向上と、渋谷区に建設した販売用不動産の譲渡が要因となっており、下方修正された連結純利益は2億円(前期比2.1倍)と高変化する。株価は、業界環境の低迷と業績の低位推移が響いて低空飛行が続いているが、底離れ発進には一段の業績好転が前提となる。

記事中の会社を詳しく見る

オオバ (9765)

ページトップ