きょうの動意株

ソースネクストは買い気配、東証1部上場承認2社に需給好転思惑

4344 ソースネクスト 株価チャート

 ソースネクスト(4344・M)は、寄り付きから買い気配を切り上げ1万円高の11万6000円買い気配と前日の変わらずを含めて5営業日ぶりに反発している。前日9日に東京証券取引所から6月16日付けで東証1部に上場されることを承認され、上場に際して公募増資などの新株式発行を伴わないことから、上場後の株価指数連動型ファンドなどの買い増しを期待する需給好転思惑が高まり買い先行となっている。前日は同時に日本アジア投資(8518・JQ)も、16日付けで東証1部上場を承認されており、同様に30円高の511円買い気配と買い気配をアップさせ急続伸している。ソースネクストの株価は、昨年8月の株式分割権利落ち後に前期中間期業績の上方修正で19万4000円まで買われた場面があったが、権利落ち後安値の10万円出没の動きを続けてきた。低価格パソコンソフトの開発・販売を主力事業としており、パソコンセキュリティソフトでは、この5月までシェア33.0%と5カ月連続でトップとなっている。このため今3月期業績は、純利益が税負担平準化で前期比31%減益となるが、売り上げ、経常利益は増益キープを予想している。需給主導でリバウンド幅拡大が見込まれる。

記事中の会社を詳しく見る

ソースネク (4344)

ページトップ