きょうの動意株

ミヨシは特別利益発生も極低位株思惑不発で続落

4404 ミヨシ油脂 株価チャート

 ミヨシ油脂(4404)は一時、2円高と買われる場面があったが、上値が伸びず2円安の170円と3営業日続落となっている。前日9日に投資有価証券売却益が9億5000万円発生すると発表したが、今期業績の低調推移から反応は限定的で、極低位値ごろ株思惑は不発となっている。同社が、売却する投資有価証券は、保有している上場株式4銘柄で、保有資産の効率的な運用を図るため6月10日から30日までの間に売却する。6月6日の終値現在の試算で9億5000万円の売却益となり、今12月期決算に計上するが、業績自体は精査中で確定次第に公表するとしている。同社の業績は、苦戦続きである。前12月期業績は、期中に3回も下方修正されて赤字転落、配当も減配された。販売価格の低迷と原材料価格の高騰が、ダブルパンチとなったためで、今期は増収・黒字転換を予想したが、今年5月に発表した第1四半期決算は赤字着地となった。このため株価も、105円まで売られ、今期の黒字転換予想で192円高値まで戻した。修正業績発表を待ち底上げを探ることになる。

記事中の会社を詳しく見る

ミヨシ (4404)

ページトップ