きょうの動意株

くらコーポは中間期2ケタ増収益も利益確定売りで反落

2695 くらコーポレーション 株価チャート

 くらコーポレーション(2695)は、7000円安の26万7000円と変わらずを挟み4日ぶりに反落している。前日12日に2008年4月中間期決算を発表、2ケタ増収増益で着地し、10月通期業績も期初予想通りに連続の過去最高純益更新を見込んだが、昨年4月の昨年来高値28万6000円を目前としてきたことから利益確定売りが先行している。同社の中間期業績は、前年同期比17%増収、12%経常増益、23%純益増益と伸びた。競争の激化する外食産業業界で、福島県と栃木県に初進出するなど17店の新規出店を進め、携帯電話で空席待ちの順番予約ができる「携帯予約システム」や画期的な注文システム「タッチで注文」の設置店舗を拡大、季節商品を提供する「フェア」を毎月開催したことなどが寄与した。10月通期業績も、新規出店の推進と既存店活性化のためのキャンペーンを企画し、期初予想通りに2ケタ増収増益を予想、純利益は18億8000万円(前期比20%増)と前期の過去最高を更新する。株価は、水産物価格の上昇や一部国内証券の投資判断引き上げなどで下値調整が長引きようやく出直りとなったが、PERは14倍台と割安である。下値固めから一段高を目指そう。

記事中の会社を詳しく見る

くらコーポ (2695)

ページトップ