きょうの動意株

船井電は売り気配、またまた業績下方修正で純益赤字転落

6839 船井電機 株価チャート

 船井電機(6839)は、寄り付きから売り気配を切り下げ200円安の3140円売り気配と前日の変わらずを含め6営業日続落となっている。前日16日にまたまた業績の下方修正を発表、今9月中間期・3月通期純利益を引き下げ期初の黒字転換予想から赤字転落としたことが嫌気売りされている。今回の業績減額は純利益のみで、中間期、通期とも各172億円ダウンさせ、通期純利益は114億円の赤字(前期は53億7600万円の赤字)と赤字幅が悪化する。大阪国税局から同社の香港子会社が、タックスヘイブン対策税制の適用除外要件を満たしていないと判断され、2005年3月期から2007年3月期までの3年間の同子会社の利益を親会社の所得とみなして合算課税するとの更正通知を受領、更正された所得金額339億円に地方税なども含めて172億円の追徴課税が貸され、過年度法人税等として172億円を計上することが減額要因となった。同社は2005年6月にも同様の更正処分を受け、現在、大阪地裁で係争中であり、今回も不服申し立てにより同社の正当性を主張するとしている。同社は、前期期中に本業の不振から3回も業績を下方修正し赤字転落、日本ビクターとの業務提携などの好材料があったにもかかわらず、株価は上場来安値2545円まで突っ込み、今期の黒字転換予想で引き戻した。再度の下値確認が続こう。

記事中の会社を詳しく見る

船井電 (6839)

ページトップ