きょうの動意株

日ユニシスは純益V字回復、連続増配を見直し急続伸

8056 日本ユニシス 株価チャート

 日本ユニシス(8056)は、38円高の1601円と急続伸している。前3月期業績の再三にわたる下方修正で今年3月の昨年来安値1031円まで長期・大幅値幅調整が続き、売り方の買い戻し主導でリバウンドしているが、今期純利益のV字回復、連続増配からはなお割安として買い物が続いている。同社の前期業績は、昨年5月に株式公開買い付け(TOB)で子会社化したネットマークス(3713・東2)の業績低迷、株価下落による減損処理損失やのれん代償却が業績下押し圧力となり、相次いで下方修正され、純利益は25億4600万円(前期比25%減)と落ち込んだ。今期は、システムサービスではネットマークスがフル寄与、採算性も向上するほか、システムインテグレーション事業では金融分野の地銀向け次世代オープン勘定系システムなどの積極展開を図り増収増益を予想、純利益は特別損失一巡から110億円(前期比4.3倍)と急回復を予想している。配当は前期に12円(前々期実績7.5円)に増配したが、さらに15円に引き上げる。株価は、PER15倍台と市場平均を下回っており、信用好需給から売り方の買い戻しも続いており、上値を拡大しよう。

記事中の会社を詳しく見る

日ユニシス (8056)

ページトップ