きょうの動意株

シモジマは今期の2ケタ増益業績を見直し小幅続伸

7482 シモジマ 株価チャート

 シモジマ(7482)は、1円高の991円と小幅続伸している。5月12日の3月期決算発表時に、今期利益の2ケタ増益と利益加速を予想したことから、今年1月につけた上場来安値900円を前に一段の底離れを窺っているもので、6月の心斎橋店の売り場増床、リニューアルオープンなども側面支援材料視されている。同社の前期業績は、期初に大幅下方修正され、実績は前々期比3%増収、6%経常増益、6%純益減益とその減額値を下ぶれて着地した。フランチャイズチェーン事業では、3店舗を新規出店して店舗数を259店に拡大するとともに22店舗をリニューアル、ディラールート、ユーザールートとも順調に拡大、直営店販売部門では昨年開店のブライダルボックス広尾のブライダル商品も伸びたが、国内外の原材料・加工コスト上昇に人員積極採用による人件費増、減価償却費負担などが重なり下ぶれ着地となった。今期は、大型店の心斎橋店の開店、ブライダルボックス形態の専門店の多店舗展開、海外調達比率拡大による利益確保などを進め業績加速を図って行く。純利益は22億7100万円(前期比21%増)を予想している。株価は年初来、900円を下限とする150円幅のボックス展開を続けているが、PERは10倍台、PBRは0.9倍、配当利回りは3.0%と好バリューを誇る。下値は逆張りも一考余地がありそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

シモジマ (7482)

ページトップ