きょうの動意株

ジェイコムは連続最高純益・増配予想をバネに続急伸

2462 ライク 株価チャート

 ジェイコム(2462)は、2万3000円高の20万5000円と続急伸している。前日1日に5月期決算を発表、前期、今期と連続して過去最高純益を更新するとともに配当も連続増配を予想、割安株買いが増勢となっている。同社の前期業績は、昨年11月にインダスを子会社化して連結決算が初開示となるため前々期対比はなく、11月の予想値をやや下ぶれたものの、純利益は4億8900万円で着地した。携帯電話業界向け営業支援サービスで採用教育の強化や首都圏でのシェアアップを進め、人材派遣サービスでもこれまで取引の少なかった金融業界向けを強化したことなどが寄与した。今5月期期は、これに加えてインダスの体育会系学生の就職支援活動が上乗せ効果を発揮する。通期業績は、売り上げ155億円(前期比24%増)、経常利益11億1000万円(同22%増)、純利益6億1100万円(同24%増)を予想、年間配当は前期に500円増配して3500円としたが、さらに4000円に引き上げる。株価は、前期第3四半期業績が低進捗率着地となったことで上場来安値16万7000円まで突っ込みリバウンド途上にある。PERは15倍台、配当利回りは2.0%となっており、上値拡大余地がある。

記事中の会社を詳しく見る

ライク (2462)

ページトップ