きょうの動意株

サンエーは1Qの順調業績で割安株買いが再燃し反発

2659 サンエー 株価チャート

 サンエー(2659)は、50円高の3290円と変わらずを挟み7営業日ぶりに反発している。前日3日に今2月期第1四半期(1Q)決算を発表、増収増益で着地し中間期予想業績に対しても順調な進捗率となったことから、消費関連の好実態株として割安株買いが再燃している。同社の1Q業績は、前年同期比3%増収、5%経常増益、11%純益増益となり、中間期業績対比の利益進捗率は45%となった。3月に店舗を改装してマツモトキヨシのフランチャイズ・ストアを出店したほか、不調な衣料品販売を堅調な家電商品や食料品でカバー、既存店売り上げを前年同期比プラスとしたことが好決算要因となった。中間期・通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は52億8100万円(前期比4%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。株価は、前期業績の上ぶれ着地、期末配当の増配、今期の続伸予想で4000円台を回復、高値調整となっている。PERは9倍台、テクニカル的にも13週移動平均線から7%超のマイナスかい離と下げ過ぎ示唆となっており、高値奪回の逆行高も有力となる。

記事中の会社を詳しく見る

サンエー (2659)

ページトップ