きょうの動意株

フェリシモは1Q好決算で割安株買い再燃し急反発

3396 フェリシモ 株価チャート

 フェリシモ(3396)は、195円高の2185円と急反発している。前日10日に今2月期第1四半期(1Q)決算を発表、大幅増益で着地するとともに、すでに利益が期初予想の中間期業績をほぼクリアする高進捗率を示したことが、割安株買いを再燃させている。同社の1Q業績は、前年同期比4%増収、71%経常増益、75%純益増益と高変化し、中間期予想業績対比の利益進捗率は98-99%に達した。顧客数は前年同期を下回ったが、衣料品の受注が好調で1件当たりの受注単価が上昇、受注に対する商品の充足率が改善し、別便による配送が減少し出荷数が前年同期を下回り、さらに円高による衣料品の仕入れ原価の低減、衣料品の構成比率上昇による売上原価率の改善などが重なり好決算につながった。中間期・通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は21億8500万円(前期比1%増)と小幅ながら連続の過去最高更新を見込んでいる。株価は、今年1月につけた上場来安値1345円から前期業績の上ぶれ着地・今期の続伸予想などをテコに2300円までリバウンド、上昇幅の3分の1戻し固めとなっている。PERは9倍台、PBRは0.8倍となお出遅れおり再リバウンドしよう。

記事中の会社を詳しく見る

フェリシモ (3396)

ページトップ