きょうの動意株

島忠は3Q業績の高進捗率を買い評価し安値から急続伸

8184 島忠 株価チャート

 島忠(8184)は、205円高の2685円と急続伸し、前月ザラ場につけた昨年来安値2420円から出直る動きを強めている。前日15日に発表した今8月期第3四半期(3Q)決算が、今年4月に小幅下方修正された通期予想業績に対して高進捗率を示したことを手掛かりに割安株買いが再燃している。同社の3Q業績は、昨年9月に連結子会社3社を吸収合併して単独決算となるため、前年同期比較はないが、売り上げ1038億7700万円、経常利益127億9900万円、純利益101億5500万円と伸び、減額修正された通期予想業績に対する利益進捗率は83-91%と目安の75%を大きく上回った。原材料価格高騰による商品調達コスト上昇など厳しい状況が続いたが、昨年9月に連結子会社3社を吸収合併するとともに、販売価格の適正価格設定を継続的に行い競争力の強化を進めたことが高進捗率につながった。8月通期業績は4月の修正値を据え置き、純利益は111億円を見込んでいる。株価は、4月の業績小幅減額に外資系証券の相次ぐ目標株価引き下げも加わり700円幅の下値調整となった。PERは12倍台、PBRは0.8倍と実態的に下げ過ぎとなっており、13週移動平均線からの8%超のマイナスかい離の修正に進もう。

記事中の会社を詳しく見る

島忠 (8184)

ページトップ