きょうの動意株

サカタのタネは今期の純益大幅増益をテコに5連騰

1377 サカタのタネ 株価チャート

 サカタのタネ(1377)は、140円高の1572円と変わらずを含め5営業日続伸している。前日15日に5月期決算を発表、前期は7月4日の再下方修正値を上ぶれたものの増益転換幅を縮小して着地したが、今期純利益が特別損失一巡で前期比3.3倍増益と大きく復元することを評価しディフェンシブ株買いが増勢となっている。同社の前期業績は、今年1月、7月と下方修正され、その再減額値をやや上回ったが前々期比0.2%増収、0.1%経常増益、52%純益増益となった。下期に主要通貨に対して円高が一段と進行して円手取り額が目減り、為替差損3億9100万円が発生したうえに、株式市況下落に対応して有価証券評価損を4億2500万円計上したことが利益を押し下げた。今期は、国内で野菜種子が順調に推移、欧州向けにブロッコリーを中心に野菜種子も伸び、北米のパンジーの売り上げも回復、さらに投資有価証券評価損も一巡することから売り上げ、利益ともプラス幅を拡大、経常利益は17億円(前期比21%増)、純利益は10億円(同3.3倍)と高変化を予想している。株価は、4日の前期業績再減額で100円安と急落したが、短期に急落分をカバーする底固さを発揮した。全般相場軟調場面で動意付く逆行高特性が見直されよう。

記事中の会社を詳しく見る

サカタタネ (1377)

ページトップ