きょうの動意株

ペッパーは連日の最安値、またも業績下方修正で赤字転落

3053 ペッパーフードサービス 株価チャート

 ペッパーフードサービス(3053・M)は、400円安の5万6700円と10営業日続落し、連日の上場来安値更新となっている。前日16日に2008年6月中間期・12月通期業績の下方修正を発表、中間期純利益は赤字拡大、通期純利益は黒字転換予想が再び赤字転落することを嫌い見切売りが増勢となっている。同社は、前期も再三にわたり業績を下方修正して赤字を拡大、株価は新規上場以来の調整に打ち止め感が出ていない。業績修正のうち通期業績は、売り上げが期初予想より1億5300万円、経常利益が1億3800万円、純利益が3億9900万円それぞれ引き下げられ、純利益は3億8200万円の赤字(前期比は3億8100万円の赤字)と悪化する。中間期売り上げは全国規模での販売促進活動や「ステーキくに」の一部店舗で実施した半額セールで期初予想を上回ったが、食材の高騰、ガソリン高により物流費増大、人件費増などが利益を圧迫、下期は中間期に実施した不採算店整理による収益底上げ、物流コスト低減で回復するとしているが、純利益は店舗整理で固定資産の除却損・減損損失2億5400万円を計上することにより赤字転落する。株価は、公開価格22万円の4分の1となっており、1株純資産4万9495円を試す正念場に差し掛かっている。

記事中の会社を詳しく見る

ペッパFS (3053)

ページトップ