きょうの動意株

小糸製は3日続落、1Q好決算も戻り待ちの売りに押される

7276 小糸製作所 株価チャート

 小糸製作所(7276)は、81円安の1465円と3営業日続落となっている。親会社のトヨタ自動車の販売台数下方修正報道が響き前日28日に急落、大引け後に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算が、大幅増益で着地し期初予想の中間期業績に対して高進捗率となったが、反応薄で戻り待ちの売りに押されている。同社の1Q業績は、前年同期比6%増収、73%経常増益、69%純益増益と伸び、中間期予想業績対比の利益進捗率は67-70%に達した。自動車産業は、国内では内需は減少したものの、欧州、アジア、中近東などへの輸出が増加して増産が続き、海外では北米が減少したが中国、タイなどのアジア地域で生産が拡大、積極的な受注活動や新製品拡販、生産能力増強に品質改善活動、原価低減施策も加わり好決算につながった。中間期・通期業績は、小糸九州の第2工場稼働による固定費負担増や自動車生産台数の減少、不透明な為替動向を勘案して期初予想を据え置いたが、それでも通期純利益は、158億円(前期比1%増)と連続過去最高を見込んでいる。株価は、1500円を軸とする上下200円幅のゾーン展開でやや下ぶれ傾向を強めている。PERは15倍台と市場平均を下回っており、1400円処の下限への突っ込み場面は買い妙味が増そう。

記事中の会社を詳しく見る

小糸製 (7276)

ページトップ