きょうの動意株

CCCは1Q好決算に中間純益増額がオンし3連騰

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、4756)は、63円高の617円と3日続伸している。前日12日に今3月期第1四半期(1Q)決算を発表、増収増益転換して順調な進捗率で着地し、中間期純利益を上方修正したことが割安修正期待の買い物を膨らませている。同社の1Q業績は、前年同期比3%増収、39%経常増益、37%純益増益と増益転換、期初予想の中間期業績対比の利益進捗率は50ー64%となった。「TSUTAYA」店舗の出店増とT会員数の増加でフランチャイズ事業と商品事業売り上げが増加、マーケティング・ソリューション事業の営業赤字が縮小したことが好決算要因となった。中間期純利益は、子会社とクレジットカード会社の係争で和解が成立、7億2000万円の特別利益を計上して期初予想の30億円を35億円に上方修正した。3月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は80億円(前期比2.7倍)と大幅増益転換、2期ぶりの過去最高更新を見込んでいる。株価は、今年2月の前期業績の下方修正を嫌って上場来安値333円まで売られ、今期の増益転換予想などで底上げに転じた。PERはなお14倍台と割り負けており、リバウンド幅を拡大しよう。

ページトップ