きょうの動意株

ウチダエスコは業績再上方修正に増配が加わり急伸

4699 ウチダエスコ 株価チャート

 ウチダエスコ(4699・JQ)は、20円高の380円と急伸している。前週末22日に発表した2008年7月期業績の今年2月に続く上方修正と期末配当の増配が、割安株買いを再燃させている。同社の7月期業績は、中間期決算発表前の今年2月に中間期業績とともに上方修正されたが、その増額値をさらに増額した。売り上げは3億3800万円引き下げられたが、経常利益は1億1800万円、純利益は8200万円それぞれアップされ、純利益は3億4200万円(前期比19%増)と増益転換する。売り上げは、保守部門や医療制度改革向けソフトウェア開発部門の伸びをOAサプライ、IT関連機器などの商品販売の計画未達で相殺し下方修正となったが、利益は利益率の高い保守部門とソフトウェア開発部門の役務サービスの売り上げ増が寄与、費用も計画内にとどまったことが再上方修正につながった。期末配当は、前期実績・期初予想の10円から12.5円に増配する。株価は、今年8月も前週末まで月間でわずか3日の値付きしかない超品薄で推移しているが、株価水準自体はPER4倍台、PBR0.8倍、配当利回り3.2%と割安が顕著となる。大幅上方修正が期待される。

記事中の会社を詳しく見る

ウチダエス (4699)

ページトップ