きょうの動意株

神鋼線は3連騰、またまた今期業績を上方修正

5660 神鋼鋼線工業 株価チャート

 神鋼鋼線工業(5660・東2)は、20円高の230円と変わらずを含めて3日続伸している。前日27日に今9月中間期・3月通期業績の上方修正を発表、低位値ごろの割安株買いが膨らんでいる。同社は、前期業績も期中に3回上方修正、その1回目が今回と同様に第1四半期決算発表後の昨年8月となっており、株価も167円安値から251円まで急伸しており、再現思惑を誘っている。業績修正のうち3月通期業績は、売り上げが期初予想より43億3000万円、経常利益は4億4000万円、純利益が1億円それぞれ引き上げられ、経常利益は期初の減益予想が増益転換、純利益は12億円(前期比7%減)と減益率を縮める。主材料の線材などの諸資材の高騰はあるが、販売価格の是正と高付加価値製品の売り上げ構成比のアップを進め、徹底した経費削減と持分法適用関連会社テザックワイヤロープの業績上乗せも加わり上方修正につながった。株価は、5月に発表した自己株式取得で227円高値まで持ち直し、200円台固めを続けていた。PERは10倍台、PBR0.8倍と割安顕著となり、5月高値を上抜いたことから昨年7月高値300円へのキャッチアップを強めよう。

記事中の会社を詳しく見る

神鋼線 (5660)

ページトップ