きょうの動意株

ジンズメイトは業績減額で赤字転落も悪材出尽くしで反発

7448 ジーンズメイト 株価チャート

 ジーンズメイト(7448)は、9円高の564円と3営業日ぶりに反発したあと、上値が重くなり前週末5日につけた上場来安値555円を前にもみ合っている。前週末5日に2008年8月中間期・2月通期業績の下方修正を発表、期初予想の通期純益増益予想が、赤字転落とマイナス転換するが、悪材料出尽くしとする買い物と嫌気売りが交錯、方向感を探る動きを続けている。業績修正のうち2月通期業績は、売り上げが期初予想より20億5000万円、経常利益が7億3000万円、純利益が10億5000万円それぞれ引き下げられ、経常利益は3000万円の赤字(前期は8億9300万円の黒字)、純利益は7億5000万円の赤字(同1億3800万円の黒字)と悪化する。食料品や生活必需品の値上がりの影響で個人消費が冷え込んでおり、同社既存店の売り上げが第1四半期15%減、第2四半期9.4%減、中間期12%減と厳しさを増し、販管費抑制ではカバーできず、純利益は固定資産に係る会計基準に基づき減損損失1億5800万円、退店損失1億500万円など合計2億7900万円の特別損失を計上したことが大幅赤字の要因となった。株価は、前期業績の下方修正・減収減益ペース推移や今期第1四半期の純益赤字着地などが下押し圧力となり、12.5円の中間配当の配当落ちから下げ足を速めた。下値確認はなお長引きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ジーンズ (7448)

ページトップ