きょうの動意株

アヲハタは3Q好決算に期末記念増配オンし4連騰

2830 アヲハタ 株価チャート

 アヲハタ(2830・東2)は、8円高の1547円と前日の変わらずを含め4日続伸している。前日10日に発表した今10月期第3四半期(3Q)の好決算と期末の記念増配が相乗しディフェンシブ関連の好実態株買いが増勢となっている。同社の3Q業績は、前年同期比3%増収、18%経常増益、20%純益増益と伸びるとともに、期初予想の通期業績に対して経常利益が5600万円、純利益は5700万円上回る高進捗率となった。フルーツ原料の調達力、品質保証力を活かして新製品を提案、ジャム市場の活性化とフルーツ加工市場への事業展開を強化しており、ジャム類は中容量タイプが夏季に順調に推移、調理食品類も第2四半期までパスタソースの売り上げが伸び、全社挙げての原価低減努力が利益を押し上げた。10月通期業績は、想定を上回る原資材価格の高騰、家庭用ジャム、パスタソースの売り上げ鈍化予想から期初予想を変更せず、純利益は5億円(前期比1%増)を見込んでいる。期末配当は、普通配当に創立60周年記念配当1円を上乗せして7円とし、年間14円(前期実績13円)に増配する。株価は、今年5月の中間期業績の上方修正をキッカケに下値を切り上げ年初来高値1599円を窺っている。投資採算に割安感はないが、ディフェンシブ関連の業態評価と中間期並み業績上ぶれ期待からなお上値追いも想定される。

記事中の会社を詳しく見る

アヲハタ (2830)

ページトップ