きょうの動意株

サイゼリヤは急続落、利益上ぶれ観測報道も利益確定売り

7581 サイゼリヤ 株価チャート

 サイゼリヤ(7581)は、49円安の1081円と変わらずを挟み4営業日続落している。この日付けの日本経済新聞で、2008年8月期の営業・経常利益の上方修正・減益率縮小が観測報道されたが、全般相場の急反落から反応は限定的で利益確定売りが先行している。同社の株価は、7月8日に発表した今8月期第3四半期(3Q)決算が2ケタ減益・低進捗率で着地したが、悪材料出尽くし感や売り方の買い戻しも加わり昨年来安値水準から300円幅のリバウンドをしていた。同社の3Q業績は、前年同期比1%増収、5%営業減益、14%経常減益、16%純益減益と伸び悩み、今年4月に下方修正された通期予想業績に対して、利益は68-71%の進捗率と目安の75%を下回った。レストラン事業の既存店売り上げが97.9%にとどまり、販管費負担が上昇し2ケタ減益となった。通期業績は4月の減額値を据え置き、純利益は33億円(前期比25%減)と減益転換を見込んでいる。日経紙の観測報道では、経費削減で営業利益は4月減額値の66億円が73億円程度に、経常利益は68億円が75億円程度に上ぶれ、減益率を縮小するとされた。株価は、4月の業績減額とロードサイド型の外食店舗の来客店減少要因となるガソリン価格の高騰のダブルパンチを受け、昨年来安値801円まで調整、底固め途上で信用取組も薄めながら売り残が積み上がり逆日歩がつく好需給となった。下値で強弱感の対立が続きそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

サイゼリヤ (7581)

ページトップ