きょうの動意株

サイレックスは自己株式TOBに好反応しストップ高気配

 サイレックス・テクノロジー(6679・JQ)は、寄り付きから買い気配値を切り上げ4000円高の4万4000円とストップ高で4営業日続伸、9月16日につけた上場来安値3万7000円から底離れする動きを強めている。前日24日に株式公開買い付け(TOB)により自己株式取得を実施すると発表、TOB価格5万7539円にサヤ寄せしている。同社は、今年8月の2008年6月中間期決算公表時に中間期・通期業績を下方修正、次期成長のための厳しい事業環境が続いているが、業績回復へ向け経営努力するとともに、株主価値、1株当たりの株主価値を拡大させ株主への利益還元と経営環境の変化に対応できる機動的な資本政策、資本効率の向上を目的にTOBを実施する。買い付け期間は9月25日から10月23日の20営業日、買い付け株式数は6000株(発行済み株式総数の14.36%)、買い付け代金は3億7023万円を予定している。株価は、5月の業績減額時に5万円台から最安値まで30%弱の急落を演じておりTOBにより復元を目指す。

ページトップ