きょうの動意株

ツルヤ靴店はイオンのTOBをポジティブに評価し急続伸

2686 ジーフット 株価チャート

 ツルヤ靴店(2686・名2)は、寄り付きの買い気配から69円高の949円まで買い進まれて急続伸、5月13日につけた年初来高値1170円を視界に捉えている。前週末26日にイオン(8267)が、同社創業家一族から保有株式を取得するために株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表、同社も賛同意見を表明、TOB価格861円が26日終値を下回るが、競争力の強化、業容拡大につながるとポジティブに評価し買い増勢となっている。イオンは、同社株式をすでに21.87%保有し同社を持分法適用会社としているが、同社服部博幸社長の親族の創業家一族から合計55万株を追加取得すとことし、金融商品取引法に従ってTOBの方式をとる。同社は、すでにイオンの連結子会社ニューステップとの来年2月に合併する契約書を締結、イオン系の国内トップクラスの靴専門店チェーンとなっているが、今後はイオンの総合スーパーなどや専門店などと共同調達、商品供給などを行いイオングループの靴事業のさらなる成長が可能になるとして賛同した。株価は、ニューステップ合併発表で今年5月に400円幅の急伸を演じていた。TOBの買い付け期間は9月29日から10月27日までの20営業日、買い付け予定株式数の上限は60万株、買い付け代金は5億1660万円を予定、イオンの最大保有比率は52.16%となるため、TOB後も同社の上場は維持される。なおイオンも、38円高の1173円と急続伸している。

記事中の会社を詳しく見る

ジーフット (2686)

ページトップ